HOMEアクセスマップお問い合わせサイトマップ
B型火災共済
B型火災共済
火災共済の掛け金と共済金

下表の口数で契約をお願いしています。
契約口数 共済金 建物と動産の配分
建物4   :   動産1
5口・500円 75万円 60万円 15万円
10口・1,000円 150万円 120万円 30万円
15口・1,500円 225万円 180万円 45万円
20口・2,000円 300万円 240万円 60万円
25口・2,500円 375万円 300万円 75万円
建物と動産の配分は常に4:1とする契約となります。
ただし、借家、アパートあるいは親族以外の者が所有する住宅に居住する組合員の共済物件については、動産についてのみ共済物件として取扱い、建物と動産の配分はしないものとします。(落雷による動産のみの損害は除く。)罹災したときはその損害の程度の割合によって算出した共済金をお支払いいたします。


お支払する共済金の額(例)

●火災共済の場合
契約口数 損害の程度
56%以上 50%以上 20%以上
5口・500円 75万円 約66万円 約26万円
10口・1,000円 150万円 約133万円 約53万円
15口・1,500円 225万円 約200万円 約80万円
20口・2,000円 300万円 約267万円 約107万円
25口・2,500円 375万円 約334万円 約133万円
火災等の場合、焼損率が56% 以上のとき、全焼として扱います。
焼損率とは建物延面積に対する焼損延べ面積の割合のことで、当組合は、この焼損率を基準として共済金を算出します。
※表面の焼損の時は、1/4が焼損延べ面積となります。

●風水雪災害等の場合
契約口数 損害の程度
全損 半損 小損 一部損
70%以上 30%以上
70%未満
20%以上
30%未満
20%未満
5口・500円 15万円 7.5万円 3万円 1.5万円
10口・1,000円 30万円 15万円 6万円 3万円
15口・1,500円 45万円 22.5万円 9万円 4.5万円
20口・2,000円 60万円 30万円 12万円 6万円
25口・2,500円 75万円 37.5万円 15万円 7.5万円
建物又は動産の損害の額が、合計20万円を超えない場合は、お支払いすることはできません。
※動産に損害がない場合は、建物のみが支払対象となります。
※表面の損害の時は、1/4が損害延べ面積となります。

○詳細はパンフレットでもご覧いただけます。